スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡路島バーガー

先日、神戸淡路鳴門自動車道の淡路島南IC近くを走行中、ふと道の駅 うずしお
発売中の「淡路島バーガー」を思い出し、どうしても食べたくなり、ちょっと寄り道・・・
P1020895.jpg
こちらでは、淡路島の色んな特産物、お土産などを販売しています。
ちなみに、販売ランキングは・・・
1位 玉葱ドレッシング
2位 びわゼリー
3位 いかなごのくぎ煮   だそうです。
P1020889.jpg
階段を下ると大鳴門橋が間近見えて大迫力ですヨ!
(橋桁の横で小さく写っているのは観潮船「咸臨丸」です。)

さてさて本題の「淡路島バーガー」はというと・・・
P1020891.jpg

P1020893.jpg
淡路牛かイノブタか迷った挙句、今回は淡路牛バーガーをチョイスしました。
P1020894.jpg
お味はと言うと・・・予想に反せず激ウマです!
お値段はチェーン店に比べるとちょっと高めですが、絶景を堪能しながら
淡路産の素材を使用したご当地バーガーは最高ですヨ!

おまけ
P1020892.jpg
なんと渦潮バージョンの自動販売機です。
いぶし瓦のPRも自販機で出来ないかな~
スポンサーサイト

淡路花祭2009秋(秋色ガーデンショー2009)

先週末、兵庫県立淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」で開催中の
「秋色ガーデンショー2009 -竹取物語ーに行って来ました。
P1020956_20090928183943.jpg
竹取物語をテーマに「かぐやの庭」「月の庭」「秋の里庭」を展示しています。
P1020909_20090928183835.jpg
かなり温室は広大です。
P1020917_20090928183859.jpg
中には瓦を使った展示もありますので、是非探してくださいネ!

P1020923.jpg P1020928.jpg

P1020921.jpg P1020916.jpg

IMG_3984.jpg IMG_3979.jpg

IMG_3978.jpg IMG_3977.jpg
色んな花が咲いており、とても和やかな気分になります。
(リフレッシュ効果バッチリですヨ!)

おまけ
P1020952_20090928183923.jpg
施設内に併設されているカフェにてちょっとひと息・・・
店員さんに勧められ「ゆずソーダ」をオーダーしました。
ちょっと甘めでしたが、かなり歩いた後だったので、美味しく頂きました。

上記イベントはまだまだ(10月25日まで)開催中ですので、是非行ってみて下さい。
隣には「淡路島国営明石海峡公園」があり、遊具もいっぱいありますので、
お子様連れには、もってこいの施設ですヨ。

赤い屋根

先週の土曜日、産直赤い屋根さんの入口がリニューアルしたので伺ってきました。
P1020900.jpg
組合事業で、のし瓦のオブジェや鬼瓦などが常設展示されました。
P1020904.jpg
こういう観光客が沢山集まる所で、少しでも瓦のPRが出来たらいいと思います。
P1020901.jpg
先ずは、瓦を知ってもらうことが大事なのです!

たこせんべい
徒歩圏内(すぐ)にたこせんべいの里もありますので、セットでいかがですか?

漂う「昭和」の風情

昨日の神戸新聞より
岩屋(神戸新聞)
嬉しいことに淡路市の岩屋地区の特集記事で「いぶし瓦」がど~んと載っています。

人のぬくもり 瓦屋根民家・・・
寺の境内から町を一望すると瓦屋根の民家がひしめく。
坂道が続く景色は、広島・尾道のまちをほうふつさせる。
(上記記事より抜粋)

やはり日本古来の町並みは現代人が忘れかけているホッとする空間を醸し出します。

秋風が清々しくなってきた今日この頃、皆さんも岩屋地区を散策してみてはいかがですか?

岩屋商店街→
絵島(えしま)→

復刻版「鎬桟」(シノギザン)

組合事業の復刻版シリーズ「鎬桟」(シノギザン)
img-923132311-0001.jpg
刀のようなキリッとしたフォルム!
日本刀のシノギのような曲線と直線をとりいれたフォルムは桟山が
三角形に尖っており葺き上がった屋根にシャープな陰影を映します。

P1020882.jpg
こちらは本日、九州に向けて出荷されて行った鎬桟・・・

P1020883.jpg
どんな仕上がりになるか非常に楽しみです。

淡路花祭2009秋

現在、下記イベントが開催中です。
淡路花祭2009秋
淡路花祭2009秋
主会場   淡路夢舞台・淡路島国営明石海峡公園
開催期間  9月19日(土)~10月25日(日)

好古園③

昨日、ご紹介出来なかった『好古園』です。
IMG_3934.jpg
約10,000坪(3.5ha)の敷地に武家屋敷跡などの地割りを活かした九つの趣の違った
庭園群で構成されています。

その中で淡路瓦工業組合、兵庫県西部瓦事業共同組合、三州瓦工業協同組合が
瓦庭園の展示を行なっています。
それでは各作品をどうぞ
P1020845.jpg

P1020847.jpg

P1020862.jpg

P1020865.jpg

P1020873.jpg
開門と同時に入ったので、来場者はまだあまりいませんでしたが、
「瓦ってこういう使い方をしたら面白いな~」とか
「なかなか落ち着いた感じがええな~」とか
メッチャ嬉しい会話が聞こえてきました。

9月27日(日)まで上記イベントは開催されていますので、写真ではお伝え出来ない
素材感を是非会場で体験してください。

おまけ
P1020858.jpg
庭園のことはよく判りませんが(汗)剪定、掃除が行き届いており、
散策していると何だか心が和みますヨ!
P1020852.jpg
またこちらでは「水戸黄門」「大岡越前」「暴れん坊将軍」などの撮影実績があるそうで
皆さんも時代劇にタイムスリップしてみてはいかがですか?

世界遺産 姫路城

今朝、神戸に行ったついでに足を伸ばし、姫路城西御屋敷跡庭園好古園
開催中の「瓦庭園と盆栽展」に行って来ました。
9時開園なのに現地に8時前に到着したので、周辺を散策しました。
IMG_3937.jpg
シルバーウィークとあって周辺はすごい人・人・人でした。
IMG_3922.jpg
姫路城は1993年(平成5年)ユネスコの世界遺産に登録されています。IMG_3932.jpg
姫路城は来月より数年かけて45年ぶりの大天守閣保存修理事業が始まります。
屋根関係の修理項目は
①全面葺き替え(瓦は再利用)
②瓦留め(釘または銅線による補強)
③目地漆喰の全面補修
が計画されています。

P1020828.jpg
工事期間中も原則公開で、工事のため大天守を覆う素屋根の中から大天守や
修理現場が見学できます。
内部には見学者用のスペースとエレベーターが設置され、修理工事の様子や
大天守上層部の外観などが間近に見れるそうです。
また、普段登閣が困難な方でも見学が出来、何度も見学した方も違う目線で
見学できるなど、修理期間中ならではの工夫がされるそうです。

今日は時間が無く、遠目での見学でしたが、修理期間中に再度訪れようと思います。

姫路城ネタが予想に反して長くなり、好古園はまた後日報告します。

おまけ
 なんと札幌ナンバー(左)
 キャンピングカー多数

う~ん 羨ましい!いつか私もキャンピングカーで全国回ってみたい!
ちなみに私の今日の愛車は軽トラでした! おしまい。

沼島(ぬしま)

皆さんシルバーウィークはいかがお過ごしですか?
弊社では定休日は日曜日のみですので、営業中ですよ~

今日は南あわじ市灘(なだ)地区の現地調査に行って来ました。
P1020811.jpg
沼島行きの船乗り場は立派な「本葺き瓦」が施工されています。
(弊社の瓦ではありませんが・・・)
P1020814.jpg
本葺きは粒入(模様入り)の軒瓦が多いのですが、こちらは万十(無地)の軒瓦で
スッキリした印象があります。
P1020821.jpg
奥に見えているのが沼島です。
沼島は南あわじ市灘の沖4.6キロに位置する離島で、灘の土生(はぶ)港から
沼島汽船(TEL0799-57-0008)によって結ばれています(約10分)
島全体が美しい自然が残っており、四季折々の花木を見ることができます。
また、全国的にも有名は鱧(はも)料理は絶品です。

秋の行楽シーズンにはゆったりとした時間の流れる淡路島、沼島はいかがですか?

ケツ降ろし(汗)

今日は大阪で用事があった為、先日うちのプロドライバーが搬入した
葺替現場に残りの棟瓦を持って行きました。
P1020809.jpg
話には聞いていましたが、瓦の降ろし場所は軽トラの後ろに小さく
写っているタワー(梯子)の所です(汗)
P1020804.jpg
プロドライバー!流石です。
アマチュアドライバーの私も何とか任務完了しました。
P1020805.jpg
こちらの都合でお昼休みの途中に現場に行き、職人さんには御迷惑お掛けしました。


施工例(立浪鬼)

移動途中、淡路島では珍しい「立浪鬼」を使用した物件があったので、
思わず立ち止まりました。
P1020422.jpg
「立浪鬼」は水をイメージし、家を火事から守る守り神と言われています。
P1020423.jpg
桟瓦も一般住宅では珍しく「切落」です。
P1020513.jpg
こちらは「面取」です。
好みにもよりますが、「切落」は重厚感が出て、「面取」は軽やかな感じがします。

役物、鬼瓦などが豊富な「いぶし瓦」は、組合せにより色んな表情が醸し出されます。

組合せが楽しめる「いぶし瓦」・・・
屋根材を選ぶ際、こんな楽しみはいかがですか?

鮎屋の滝

今日は移動途中、約2年前に施工させていただいたお宅にお邪魔してきました。
P1020781.jpg
目視検査しましたが、問題なく一安心です。
P1020782.jpg
使用瓦 
    桟瓦・・・53判面取防災瓦
    軒瓦・・・万十軒
    袖瓦・・・普通袖
    棟瓦・・・アオリのし2段+のし5段+付丸伏せ

帰社途中、鮎屋の滝が近くにあるのを思い出し、ぶらっと散策して来ました。
P1020792.jpg
淡路島にありながら初めて行ったのですが、マイナスイオンがいっぱいで
とても癒されました。
P1020793.jpg
上流にある鮎屋ダムまでの遊歩道が整備されており、皆さんも
マイナスイオンを浴びにどうですか?

瓦庭園と盆栽展②

image0_20090827184704.jpg
上記イベントが現在、姫路市本町の好古園で開催中です。
img-915084317-0001.jpg
本日の神戸新聞より

目前に迫った「シルバーウィーク」の行楽候補地にいかがですか?

「はじめまして会」

昨日、埼玉県深谷瓦工事組合と淡路瓦400年祭実行委員会との交流会
「はじめまして会」が観光旅館「うめ丸」で開催され参加してきました。

なんとテレビ大阪さんの取材がありました。

番組放送時間
テレビ大阪『ニューズBIZ』
9月15日(火)夕方5時13分~5時30分


いぶし瓦の現状を打破すべき、お互い熱い情報交換が繰り広げられました。
このような試みは初めてでしたが、とても新鮮で貴重な体験でした。
こういう輪がどんどん広がっていけばイイですね。

深谷瓦工事組合の皆様、朝早く(4時出発)から遠路はるばる(約800K)
淡路島に来ていただき、ホントにありがとうございました。

ルーフィング貼り

ちょっと前までの週間天気予報では晴れマークが続いていたのに
突如、土曜日は傘マーク・・・
昨日上棟した野地を濡らすと大変なので、ルーフィング貼りに行って来ました。
P1020759.jpg
久しぶりに一人でルーフィングを貼ったので足がパンパンで筋肉痛・・・
でも翌日に筋肉痛になるのは、まだ若い証拠かな?
P1020757.jpg
荷降ろしを終えた頃、辺りはかなり暗くなっていました。

P1020767.jpg
こちらの分譲地はかなりビック(99区画)で約半数のお宅で新しい生活が始まっています。

明かりが灯っているのを拝見すると、新しい街づくりを屋根部門で関われたことを
非常にうれしく思い、しばし夕暮れの各お宅を見とれていました。


という訳で昨日は帰社時間が遅くなりブログの更新はお休みしました。

パルシェ香りの館

所用があり「パルシェ香りの館」に行って来ました。
P1020745.jpg
温泉施設、ハーブ園、香りの体験コーナーなど盛りだくさんの施設があります。
P1020740.jpg
駐車場には「のし瓦」のオブジェ
P1020741.jpg
歩道のあちこちに瓦が散りばめられています。
P1020744.jpg
お子様達には巨大滑り台もあり、間近に迫ったシルバーウィークの
行楽候補地にいかがですか?

パルシェ香りの館の場所はコチラ

ファンタジア現場レポート

最近、随分夜明けが遅くなりましたネ~
P1020731.jpg
夜明け前の明石海峡大橋
P1020732.jpg
今日もありがたい事に「ファンタジア」を積んで神戸まで行って来ました。
P1020733.jpg
この現場の隣は空き地なので楽勝かと思いきや・・・
P1020736.jpg
段差がありトラックが進入できない為、運び込みをしました。
(最近デスクワークが多かったので、大量の汗をかきました)
作業途中、施主様が来てくれて「イメージしていたより瓦の色が綺麗な~」と
体の疲労が吹っ飛ぶほどの、ありがたいお言葉をいただきました。

こうして一件ずつファンタジアが増えて行く事はほんとに嬉しいですね。

三豊市 宗吉瓦窯跡史跡公園

先日、香川県のお得意様から「いぶし焼ネームプレート」の作成依頼がありました。
P1020661.jpg
幅540ミリ高さ390ミリの大きなプレートです。
img-908191038-0001.jpg
香川県にある「三豊市 宗吉瓦窯跡史跡公園」に飾られるそうです。

史跡宗吉瓦窯跡
宗吉瓦窯は、三豊市豊中町妙音寺の創建にともない、7世紀中頃に瓦の生産を
開始し、丸亀市郡家町宝幢寺や、持統天皇が694年に造営した藤原宮にも瓦を
供給しました。

宗吉瓦窯の日本一
①17号窯は全長約13mで、日本最大の瓦窯!
②瓦窯24基は当時としては日本最多!
③藤原宮の瓦を焼いた最も遠い窯!
(以上、カタログより抜粋)

是非とも瓦に携わっている者として訪れてみたいです。

ご案内
住所     香川県三豊市三野町吉津甲153番地1
TEL     0875-56-2301
開館時間  9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日    月曜日(祝日・振替休日の場合は開館。翌日休館)
入館料    15歳以上 100円
体験学習  瓦作り、勾玉作りなど(有料)

静岡県 地震レポート

先月、静岡県を襲った地震について・・・
弊社社員が先日出張に行ったので、写真を撮って来てもらいました。
P1020715.jpg
弊社のお得意様では約450件の修繕依頼があり、対応に追われているそうです。
P1020719.jpg
被害物件は陶器瓦のシルバー、青緑(せいろく)などが多いそうです。
P1020722.jpg
応急処置として「のし瓦」を積まずに7寸丸1本伏せや平板の三角棟1本伏せが
多いみたいです。

しかし平成13年に全日本瓦工事連盟が発行した
「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」工法の物件では殆ど被害が無かったそうです。

今回の地震は心配されていた「東海地震」とは別の地震だそうですが、
「瓦は重いから地震に弱い」という風評被害をいかに最小限にするか・・・
業界全体で早急に打開策を打ち出さないといけないと思います。

国際フロンティア産業メッセ2009

昨日は淡路瓦工業組合の一員として、「国際フロンティア産業メッセ2009」に行って来ました。

IMG_0486.jpg
私は今回初めて参加しましたが、平日というものあり、一般の方は少なかったように
思います。
IMG_0487.jpg
当組合のブースに立ち寄って頂いた方の殆どが、「瓦って重いですよネ~」
と言われました。
模擬屋根(写真の左側)を使って、昔の「土葺き工法」と現在の「引掛け桟工法」
の説明をさせて頂くと、殆どの方が納得してくれたと思います。
しかし一般の方は「瓦が重い」と思っているとは認知していましたが
これほど多いとは・・・かなりショックを受けました。
瓦業界全体が危機に瀕している今、売上に繋がる即効性は勿論大事ですが
種を蒔かずして実がならないのと一緒で、地道なPR活動が改めて重要だと
感じました。

話は変わりこのカッコいいブースを見てください。
IMG_0492.jpg
世界初!モバイル寿司ロボットを発売している㈱トップ様のブースです。
バックの黒にカラフルな寿司ロボットがとても映えていると思いませんか?
寿司バーを思わせる非常にお洒落で、目立っていたブースです。

普段立ち仕事ではないので、下半身が非常に疲れましたが、
やはり、異業種が集まる展示会では、色んな刺激が得られます。

ファンタジア施工例(片流れ棟編)

久しぶりにファンタジアの完成物件のご紹介です。
IMG_3845.jpg
トレンドブラウン 100%
IMG_3847.jpg
片流れ7寸丸使用
IMG_3844.jpg
現場 神戸市
屋根と壁との色バランスがいい感じですネ~(個人的には好きです)

なお、先日案内しました国際フロンティア産業メッセ2009が本日最終日です。
お近くの方は是非ご来場下さい。
私も今から淡路瓦工業組合の駐在員で会場に行って来ます。
展示会の模様は後日報告します。

現場で瓦のPR

今日は昨日積み込んだ瓦を、神戸まで配達に行って来ました。
私みたいなアマチュアドライバーが、たまに瓦を積むと
「現場に遅れたら困る」って思い熟睡できません(泣)
現場の近くで仮眠をして、周囲の迷惑にならない時間に現場到着!
IMG_3842.jpg
静かに瓦を降ろしていると近所のおじさんが声を掛けてくれました。
おじさん 「最近、新築で瓦を使うのは、珍しいな~」
      「瓦って、重いよな~」
阪神・淡路大震災で甚大な被害が出た神戸市ではこういうイメージが多いと思います。
私は、「昔は土葺き工法が主流でしたが、現在では空葺き工法なので随分軽くなっていますし、
瓦を釘止めし、おまけに防災瓦(ロック機能)になっていますので、風にも強いですよ」と言うと
「見るのと、聞くのとでは随分違うな~」と言っていただけました。
その他、瓦が粘土100%の天然素材で出来ている事や、断熱性に優れている事や
いろいろ瓦のPRをさせていただきました。
朝の忙しい時間帯に、瓦のPRに耳を傾けてくれてありがとうございました!
(瓦の良さを知っていただきたくて、少し話が長くなり、スミマセンでした)

これからも機会を見つけ、地道に瓦のPRをして行こうと強く思った一日でした。

積み込み完了!

明日の神戸行きの荷物(ファンタジア)が先ほど積み込み完了しました。
IMG_0485.jpg
今日は、見積り、来客、積み込みなど、ありがたい事にハードワークでした。

また、これから所用がありますので、今日はこの辺で・・・

また明日、頑張ります!

見積り依頼

先日見積り依頼があり、現地調査に行って来ました。
P1020554.jpg
築10数年のアパートです。
既存のコロニアルだと表面の塗り替えが必要な事と、夏場が非常に暑いので
瓦で葺替したいと、ありがたいお話をいただきました。
勾配が3.5寸で流れが結構長いので、弊社の緩勾配対応瓦「四天王」を提案させていただきました。

最終決定はしばらく先だと思いますが、瓦を希望していただいた事が
何より嬉しかったです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。