スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水切り機能付 万十軒&鼻桟

現在施工中の現場ですが、年内の作業は明日までなので
急ピッチで頑張っています。
P1030867.jpg
二階の地葺きはほぼ終わり、午後からは一階の瓦揚げです。
P1030869.jpg
普通袖使用
P1030848_20091228191326.jpg
今回の特徴は、水切り機能付 台付万十軒&鼻桟(樹脂製)です。
施工後目立ちませんが、長年に渡り瓦座の劣化やコウモリなどの侵入から
大切な屋根を守ってくれる事でしょう。
P1030871.jpg
現場作業は明日までですが、弊社営業は明後日までです。
さ~ラストスパート!毎日寒いですが頑張りましょう!
スポンサーサイト

秘密兵器?

現在施工中のビックな現場ですが、順調に進んでいます。
P1030847.jpg
桟木が全て打ち終わり、2階屋根の瓦葺き開始です。
P1030852.jpg
何故順調なのかというと…
P1030840.jpg
2階の瓦揚げが大変だと思っていたのですが、チラッと写っているフォークリフトが
瓦揚げ機(タワー)の所まで進入出来たので、大助かりです。
P1030841.jpg
頼りになる秘密兵器(フォークリフト)のお陰で、非常に楽チンでした(笑)

ファンタジア クレーン揚げ

本日は、傾斜地に新築している物件にファンタジアを3棟分配達してきました。
P1030826.jpg
分かりづらいですが、明石海峡大橋は物凄い霧でした(泣)
P1030836.jpg
プロドライバーのユニックとアマチュアドライバーの私で11Pの納品です。
P1030830.jpg
足場にステージを設置し、そこから屋根に瓦を運びます。
P1030838.jpg
クレーンが半日契約だったため、職人さんはお昼まで殆ど休憩なくフル稼動です。
ほんとにお疲れ様でした。

さて、本日はクリスマスイブ。我が家にはサンタさんが来るのでしょうか?

ルーフィング貼り開始!

先日お伝えしたビックな現場が、本日よりルーフィング貼り開始です。
P1030814.jpg
この現場は、お寺の庫裡なので屋根形状は入母屋屋根です。
P1030824.jpg
順調にルーフィング貼りが進みましたが、ポツポツ雨が…
P1030825.jpg
なんとか終了しました。

先日、この現場の瓦揚げが大変とお伝えしましたが、秘密兵器を導入決定!
秘密兵器の正体は後日レポートします。

棟瓦 耐震試験

今日、淡路瓦工業組合にて「棟回転試験」を行ないました。
P1030799.jpg
回転台の上に棟部を施工し、台を90度、垂直に起こします。
P1030806.jpg
この状態で台を回転させることで、棟部に360度の方向から1Gの力を加えることが出来ます。

Gとは…重力加速度のことで、地球の重力によって物体が上から下に
落ちるときの加速度です。
1Gとは1秒後の落下速度が9.8m/sです。
(詳しいことは解りませんが…(汗))

P1030807.jpg
10回転の加力を行い、のし瓦の脱落、浮き上がり、異常なズレがなければ、
水平加速度1Gに対応した地震力に対する耐力があると見なされます。
P1030804.jpg
幸い、今回の実験は合格でした!(パチパチ~)

地震が来るたびに「瓦が重いから屋根が壊れた」とか
「棟にのし瓦を積むと崩れる」とか言われていますが、
適正なガイドライン工法で施工した物件はじょうぶなんですよ

片流れ屋根(いぶし瓦編)完成②

先日ご紹介した「片流れ屋根」の外観がほぼ完成しました。
P1030790.jpg

P1030798.jpg
今風の外観ですが、「いぶし瓦」十分いけてると思いませんか?
P1030791.jpg
今回の物件は予算の都合上、万十軒瓦を使用しましたが、
カマ軒瓦か一文字軒瓦を使用すれば、もっとスッキリした印象になると思います。
P1030789.jpg
しかし今回使用した万十軒瓦は当社オリジナル「水切り機能付万十」です!
長年に渡り、風雨による雨水の巻き込みから瓦座を守ることでしょう。

長期優良化住宅やエコ商品などが盛んに叫ばれている昨今、
エコマテリアルな「いぶし瓦」、意匠も勿論大事ですが、機能性、耐久性を
もっと重要視してほしいですね。
そのためにも我々がもっとPRしなくては…

いぶしS型 完成!

8月に納品させていただいた「いぶしS型」の物件が
完成しましたので、ご報告します。
P1030777.jpg
ここ数日急に寒くなり、天気が冴えないので写真はイマイチですが…(汗)
P1030775.jpg
外観は今風ですが、屋根瓦が「いぶし瓦」でもかなり似合っていると思いませんか?
薄っぺらい屋根材より、重厚感があっていいですね~。

しかもこの物件、中身が凄いんですよ~。建築途中の模様はこちら→

ファンタジア 現場レポート

今日はちょっと久しぶりにトラック任務でした。
P1030768.jpg
写真はありませんが、周辺は殆どカラーベストなので、完成後は目立つでしょう(多分)
P1030769.jpg
今回はイエロー:ベージュ=50%:50%なので、タワーの左右に分けて荷降ろしです。

荷降ろし後は所用を済まし、淡路島に急いで帰り…
P1030782.jpg
明日から着工する物件に桟木とルーフィングの搬入をしました。
P1030783.jpg
判りづらいですが、こちらの2棟は先日完成したアパートです。

今日は急激に寒くなり、明日、明後日はまだ寒くなるそうです。
今年もあと少し、皆さんも体調に気を付けて頑張りましょう!

完成見学会

先日、お得意様の完成見学会があり、お邪魔してきました。
P1030693.jpg
残念ながら今回の物件は当社の瓦ではなく、セメント瓦でしたが…
P1030684.jpg
リビングダイニングの外に大きなウッドデッキがあり、開放感抜群です。
P1030686.jpg
こちらは神戸市の高台に立地しているので、大阪湾が一望でき、見晴らしも抜群です。

土地代も含めて、建築金額はいくら?私の年収の何倍?
それは内緒ですが、私にはとても買える金額でないのは確かです(笑)

年末年始休日のご案内

今日は、近々上棟する物件の打合せに行って来ました。
P1030741.jpg
屋根面積80坪超のビックな現場です。
2階建てで2階の屋根は奥の方に出来ます。
しかし…奥側と右側と左側は隣地のため手前からしか瓦揚げが出来ません(泣)
う~ん、どうしよう…。
気を取り直して、いぶし瓦を採用してくれた事に感謝し、頑張るぞ~!

尚、お得意様には案内済みだと思いますが、下記の通り年末年始、
休日を取らせて頂きます。
何かと御迷惑をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

平成21年12月31日(木)から
平成22年 1月 5日(火)まで

ファンタジア施工例

10月下旬に施工させて頂いた「ファンタジア」の物件が完成しました。
P1030740.jpg
Tブラウン20% Tベージュ40% Tイエロー40%
P1030739.jpg

P1030737.jpg
片流れ7寸巴使用

「あれ~袖瓦にビス1本しか打ってないやんか~」と思われた方もいらっしゃるかも
判りませんが、心配ご無用!瓦が重なってる所にビス穴があり、しっかり留めています。
ガイドライン工法と、見た目のスッキリさを兼ね備えた「ファンタジア袖瓦」、
ちょっとしたこだわりです。

谷修理

最近、雨が多いですね~(泣)
本来12月というと太平洋側は乾燥して晴れが多いのですが…

昨日は谷板の取替えのため、瓦の葺き直しに行って来ました。
P1030705.jpg

P1030704.jpg
谷板を入れ替える為、瓦を適当な場所まで外します。
P1030722.jpg
割れた瓦は新しい瓦に取り替えて葺き直し完了です。
天気予報では本日雨の予報だったので完成して一安心です。

こうして修理して長年住み続けていく事が出来る「日本家屋」
皆さんも、その一端を担える「いぶし瓦」を是非!

得意の?ケツ降ろし

昨日は増築現場にお邪魔してきました。
P1030706.jpg
立派な松の木があったので近くまで進入できず、得意の?「ケツ降ろし」です。
瓦を降ろした後、職人さんの車と入れ替えした為、完璧な?瓦の降ろした写真が
ありませんが(泣)…

瓦を降ろした後、先日プロドライバーがユニック車で搬入した現場へパレット回収です。
P1030714.jpg
隣の3棟の基礎工事も急ピッチで進んでいます。
瓦の搬入は今月下旬かな?

帰社途中、淡路SA(下り)に立ち寄ると、
P1030721.jpg
スターバックスコーヒーが11日の開店に向け全貌が明らかになっていました。
P1030715.jpg
壁には野水瓦産業様の割肌ボーダー瓦「銀奏」が使用されています。
P1030718.jpg
う~んカッコいいですネ~
いぶし瓦がスタバの店舗に使われ、淡路瓦の窯元の一員として非常に嬉しいです。
ちなみに店舗内にも瓦が使用されているそうです。

これからは帰社途中のコーヒータイムが楽しくなりそうですネ。

ファンタジアの町並み

神戸の某所にファンタジアの町並みが進行中です。
P1030682.jpg
実はこの現場、瓦揚げが大変なんです…
P1030680.jpg
ガレージの上に建っているので、ガレージの上に瓦を揚げなくてはいけません。
しかし、うちのプロドライバーがユニック車で昨日搬入に行きました。
昔は大変だったんでしょうが、今は便利なものがあり、大助かりです。

この現場は10数区画ファンタジアを採用していただけるという事で、本当にありがたいです。
完成が今から待ち遠しいです。

片流れ屋根(いぶし瓦編)完成!

先日来より工事していました「片流れ屋根」が完成しました。
P1030703.jpg
雁足(斜め線)も綺麗に揃っています。
P1030696.jpg
紐付袖使用
P1030700.jpg
片流れ用棟瓦使用

こういうシンプルな屋根にも「いぶし瓦」…似合っていると思いませんか?
また外壁が完成したら報告します。

片流れ屋根(いぶし瓦編)すがり部分

昨日は雨だったので、本日より本格的な工事開始です。
P1030676.jpg
今回の見せ場は「すがり部分」(出っ張った所)です。
P1030670.jpg
万十軒を丁寧にカットします。
P1030673.jpg
左袖部
P1030675.jpg
右袖部
なかなか良い納まりでしょ?(自画自賛(笑))
熟練された技能があってこそ成せる技です!
こういう技能伝承のためにも、頑張って「いぶし瓦」をPRしなくては!

ガイドライン工法(棟編)

本日は12月22日試験予定の「棟回転機」の架台の作成をしました。
P1030643.jpg
「棟回転機」とは実際に棟を回転させて、1Gの力にも耐えられる
「(社)全日本瓦工事業連盟」発行の「ガイドライン工法」の試験です。
P1030646.jpg
まずは桟瓦を施工…
P1030650.jpg
桟瓦施工後は棟メンドを銅線緊結し…
P1030654.jpg
その後順番に「のし瓦」を積んで行きます。
写真では判りづらいですが、今回使用している「のし瓦」は新しくラインナップに加わった
「6ッ穴」の「のし瓦」です。
葺き上がりは従来品と全く同じですが、通常品だと半分に割ったときに職人さんは
ドリルで穴を開けないといけません。
しかし「6ッ穴」だとその手間が省ける、職人さんにやさしい新商品です。
P1030659.jpg
のし瓦を積み終わると「紐丸(5寸丸)」をビス留めして
P1030661.jpg
はい完成!

試験結果は後日のお楽しみに…

片流れ屋根(いぶし瓦編)着工

先日、告知しました「片流れ屋根」の物件が本日より着工です。
P1030637.jpg
瓦搬入はユニックのため楽勝でした。
P1030639.jpg
二回目搬入に行った時は、桟木も打ち終わり瓦もかなり揚がっていました。
P1030642.jpg
すがり部分(出っ張った所)の割付も打合せ通り完璧です!

今から完成が楽しみです。

ジャパンホームショー2009

大変遅くなりましたが、11月11日~13日に東京のビックサイトで開催された
「第31回JapanHome+BuildingShow」の報告です。
P1030448.jpg
淡路瓦工業組合はジャパンブランドの事業の一環で壁面緑化の提案です。
P1030483.jpg
個人的にはバックが白より黒の方が、「いぶし瓦」と「緑化」が映えたのでは…と思います。
P1030449.jpg
床には敷瓦とシャモット(瓦を砕いたもの)を…

今までの展示会での新しい試みは中々進展せず…
しかし今回も量産に向けてクリアーしないといけない事は沢山ありますが、
「いぶし瓦」の新しい提案として、壁面緑化に取り組んで行きたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。