スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S型 オレンジ色

昨日は増築の現場に行って来ました。
P1050215.jpg
築35年の母屋がS型オレンジなので施主様のご希望で同じ瓦に決まりました。
P1050219.jpg
軒先は釘2本留めとL釘の3点留めで防風対策はバッチリです。
P1050220.jpg
隅棟も人工木材を使用し、経年による腐食を防止します。
P1050224.jpg
施主様は母屋と同じ瓦が現在もあったことに非常に喜んでいただきました。
新商品もいいですが、規格判の屋根材を新築の際使用すれば、後々のメンテ、
増築の際、便利ですよ。

現場近くにて
P1050207.jpg
立派な鎌軒仕様のお宅です。
P1050204.jpg
塀瓦にも鎌軒が使用されています。
P1050208.jpg
こちらは7寸丸伏せの塀瓦です。

やはり瓦っていいですね。
スポンサーサイト

現地調査&塀瓦

今日はお得意様から修理見積り依頼があり現地調査に行って来ました。
P1050199.jpg
瓦座がずれ落ち、瓦も樋で留まっている感じです。
P1050201.jpg
早急に修理をしないと危険です。

現場の近くに「目板」を使った塀があったので思わずパシャりました。
P1050203.jpg
道路幅が狭く、いいアングルで撮影出来ませんでしたが…
P1050202.jpg
やはり「目板」は高級感があっていいですネ~。

うずしおまつり 開催中

現在、南あわじ市観光協会主催で「うずしおまつり(桜鯛まつり)」が開催中です。
img-427164539-0001.jpg

クイズラリーで南あわじ市特産品が50名に当たります。
観光地各所に用紙を置いていますので是非チャレンジして下さい。

img-427164651-0001.jpg

用紙の裏には旬の桜鯛料理が食べられる施設が沢山載っていますので
淡路瓦400年祭の窯元巡りの後に美味しい「桜鯛」いかがですか?

二王門新築で餅拾い

昨日の日曜日、南あわじ市にある「宝光寺」にて二王門の新築完成の
餅まきがあり行って来ました。
P1050160.jpg

P1050158.jpg
天気もよく、いぶし銀が輝いていました。
P1050159.jpg
鬼瓦は鬼面です。
P1050174.jpg
本堂には立派な水板が使用されています。
P1050166.jpg

P1050190.jpg
残念な事に予定より餅まきの時間が遅れ、用事のあった私は家族を残し
現場を後にしました(泣)
沢山ではありませんでしたが、家族の拾った御餅を昨晩は美味しく頂きました。

久しぶりのケツ降し(汗)

今日は神戸で打合せ等があったので、プロドライバーが積み残しした
漆喰を現場に搬入してきました。
P1050145.jpg
春の潮風を感じながら「たこフェリー」で束の間のクルージングです。
P1050147.jpg
朝一だったので実はちょっと寒かったですが…気持ちよかったですヨ。
P1050149.jpg
政府で議論が迷走している高速料金…一体どうなるのでしょうか?

さて現場はというと…
P1050151.jpg
予め狭いと分かっていたので一輪車持参です。
P1050154.jpg
プロドライバーさん流石です。見事な降しっぷりです。
漆喰はハシゴの奥まで頑張って降ろしました(汗)
P1050156.jpg
作業終了後、屋根に上がるとこちらのお得意様もプラスティックの
人工桟木を使用していました。
見えない所の拘りが感じられ、何だか嬉しくなりました。
P1050157.jpg
今日の天気予報は晴れだったはず。
しかし帰りの明石海峡大橋では土砂降りでした(泣)

春は何処へ…

今日はもうすぐGWとは思えない程の寒空の下、
隅棟の漆喰補修工事に行って来ました。
P1040439.jpg
のし瓦の下に充填している漆喰がかなり剥がれてました。
P1040440.jpg


P1050139.jpg
全て現状の漆喰を取り払って、新しい漆喰で塗り直ししました。
作業が終了し、片付けをしていると雨がパラパラ降ってきて事なきを得ました。
P1020634.jpg
別物件ですが、このような瓦で出来た「隅メンド」を使用すると経年変化で
漆喰が落下する心配がありませんのでお勧めです。

いぶしギャラリー瓦廊さんにて打合せ

今日もまた雨だし寒かったですね~。

8月オープン予定の香川県の飲食店の看板を瓦で作成するため
お得意様と一緒にいぶしギャラリー瓦廊さんに打合せにお邪魔しました。
P1050120.jpg
淡路瓦400年祭に向け最近ギャラリーをリニューアルされたそうです。
P1050123.jpg
このような瓦の表札もオーダーメイドで承っていますので、興味のある方は
お問合せ下さい。

瓦廊さんで打合せ後、紋入万十軒瓦の確認です。
P1050130.jpg
こちらの瓦は店内に使用されます。

今日打合せした物件は超有名店(現在はまだ秘密です)ですので、オープンが
非常に待ち遠しいです。
その時の模様は夏までのお楽しみという事で…

50周年記念

案内が遅くなりましたが…
弊社では昭和36年3月に創業し、今年50年目の節目の年を迎えました。
P1040798.jpg
多くの方々にご愛顧頂いたお陰で弊社の今日があります。
この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
P1050106.jpg
50年の感謝をあしたの信頼へ…
P1050107.jpg
市場はまだまだ厳しいですが、品質向上、サービス向上など全社一丸となり
努力して参りたいと思いますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

P1050105.jpg
節目の年といえば淡路瓦が誕生して400年。
淡路瓦400年祭も間近に迫りましたが、公式ホームページの
トップページが出来上がりました!
是非ご覧下さい。→淡路瓦400年祭公式HP

庭造り

随分前の話ですが、知り合いから庭に瓦を使いたいから「のし瓦」を
分けて欲しいと言われ、先日写真を撮ってきました。
P1000028.jpg
植木の土止めに「のし瓦」を上手に使用していただきました。
P1000026.jpg
駐車場から玄関まで土のままで、雨のとき靴が汚れて悩みの種
だったそうですが、これで悩みも解消です。
タイルと違い瓦は滑りませんので、一石二鳥かな?

【お知らせ】
ゴールデンウィークは1日(土)~5日(水)までお休みさせて頂きます。
何かとご迷惑をお掛けすると思いますが、ご了承の程宜しくお願い致します。

プロ野球観戦

昨日の日曜日、約30年ぶりにプロ野球観戦に行って来ました。
P1050082.jpg
場所はというと、愛媛県の松山中央公園内にある「ぼっちゃんスタジアム」で
開催されたヤクルト対巨人戦です。
P1050037.jpg
道路も空いていたので二時間少々で到着し、練習風景から観戦しました。
P1050063.jpg
ラミネス選手…やはりごっつい体してました(笑)
P1050075.jpg
やはり生はいいですね~

開催試合が少ない地方球場でのプロ野球…満員かと思いきや、結構空席がありました。
野球人気も下火なのかと、かるくショックでした(泣)

P1050036.jpg
公園内には菊間産の本葺き瓦で施工している「愛媛県武道館」があります。
約3500坪の屋根に約32万枚の瓦が使用されています。
松山道からもそれと分かるくらいの大きさ、間近で見るとスケールの大きさに
圧倒されます。
是非、松山中央公園に行かれた際は見てみて下さい。

ベンツ その2

先日真っ赤のベンツトラックをご紹介しましたが
今日はいつもお世話になっているマルショウ運輸㈱様のご紹介です。
P1050032.jpg
昨日までの寒さが嘘のように快晴の下、いぶし瓦満載の積込みです。
P1050031.jpg
エアーサスペンション搭載車両なので瓦の破損が殆どありません。
(もちろんドライバーさんの安全運転の賜物ですが…)

いつも洗車、整備が行き届いているので、積載している瓦もランクアップ
したように見えます。
(ドライバーさんご苦労様です)

積込み完了後、元気良く九州へ旅立っていきました。

「GALLERY土坐-tsuchiza-」

冬に逆戻りしたかのような寒さの中、所用で伺った未来考房/瓦人さんちで
現在建設中の「GALLERY土坐-tsuchiza-」の感性価値空間を案内してもらい
寒さが吹っ飛ぶほど衝撃を受けました。
P1040989.jpg
ここは瓦工場の一角とは全く思えないほどの異空間が広がっています。
土・土・土・・・すべてが土です。
P1050004.jpg
「版築」
土壁や建築の基礎部分を堅固に構築するため古代から用いられた工法だそうです。
P1040990.jpg
このカウンターは土の磨き仕上げで造られており、焼き物のような質感です。
P1040991.jpg
瓦のモザイクアートが随所に散りばめられています。
P1040987.jpg
こちらのオブジェの天井にはサプライズな演出があるそうです。
P1040985.jpg
こちらの巨大な窓からは美しい瀬戸内海が一望できます。

残念ながら本日、久住親方は不在でしたが、他の職人さんのコテ捌きを見てるだけで
うっとりしました。

ほんとに瓦人さんの感性、アイデアに圧倒された貴重な体験でした。


淡路瓦400年祭期間中は無休で「瓦コースター&箸置き作り体験」を開催しています
ので是非皆さんも「感性価値空間」を体験して下さい。

真っ赤のベンツ

昨日はいつもお世話になっている㈱渡邊商店様の真っ赤なベンツが
瓦を積込みに来社しました。
P1040963.jpg
とても瓦を積むトラックには見えないでしょ?
P1040961.jpg
見るたびにカラーリングのセンスの良さに感心します。
P1040964.jpg
今回は13日に静岡県を出発し、翌朝福岡県で荷物を降ろした後、
淡路島に来ていただきました。
P1040960.jpg
Of couse I'm slower than you. I'm carrying your dreams.

あなたの夢を運んでいます… う~ん かっこいい!
皆さんこのトラックを見かけた時、遅くても許してあげて下さい(笑)

渡邊商店様は日本だけに留まらず、アメリカのオマハやニュージーランドなど
ワールドワイドな活動をしています。
茶室 ニュージーランド
こちらは弊社のいぶし瓦で施工していただいたニュージーランドの茶室です。

バイタリティーに溢れ、豪快で尚且つ繊細な渡邊社長!
これからも宜しくお願いいたします。

ファンタジア施工例

昨日はいつもお世話になっている大阪の分譲地に行ってきました。
P1040955.jpg
トレンドブラウン40%+トレンドイエロー40%+トレンドベージュ20%
P1040958.jpg
P1020800.jpg
コンセプトは「モナコスタイル」
電線が地下埋設だともっといいのですが…
(こればかりは仕方ないですね)

遮熱+透湿下葺材

弊社では、様々な副資材の取り扱いをしていますが、
この度、快適屋根用下葺シート「遮熱エコルーフ」が新しく
ラインナップに加わりました。
img-412185927-0001.jpg
アルミフィルムの遮熱シートはありましたが、「遮熱エコルーフ」の
画期的なところは独自の技術により、アルミフィルムに微細な孔を設け、
透湿性能が発揮されるところです。

遮熱+透湿により室内空間を快適に保ち、光熱費が抑えられます。


詳しくは各営業担当までお問合せください。

工場見学

先週の土曜日、設計士の方々が工場見学に来ていただきました。
P1040951.jpg

鬼瓦体験、かわらやさんで猪豚の昼食後、工場見学スタートです。
P1040949.jpg
いつも瓦の行儀をチェックしている模擬屋根の横に「いぶしベビー」を飾り付けし、
PRさせていただきました。
snap_showayougyo_201041183040.jpg
ほとんどの方が瓦の製造過程を見学するのが初めてだったので、非常に
興味深く見ていただきました。

一人でも多くの方々に工場見学していただき、瓦の良さを少しでも伝えられたら…
淡路瓦400年祭の開催は目前です。

西淡本社工場

今日は久しぶりに工場のご紹介です。
西淡産業本社②
西淡本社工場では4000枚単独焼成窯を4基保有し、「JIS56判防災瓦」をメインに
緩勾配用の「四天王」、重なりの深い「両深切判 防災瓦」などを製造しています。
P1040827.jpg
昔と違い今は殆どの製造メーカーが導入している「平乾燥」のシステムですが、
P1040825.jpg
このように瓦をプレス後、平乾燥させることにより、品質が安定しています。
P1040821.jpg
弊社の三原工場に導入している「自動白地積込み装置」は西淡本社工場には
ありませんが、工場長のある工夫により、作業者が変わっても常に
安定した瓦造りが出来る企業秘密があります。
P1040819.jpg
工具類の管理も使用後一定の場所に保管できるよう、工具の形をマジックで
書き、常に同じ箇所にすばやく返せるよう工夫しています。

明日(10日)の午後、ある設計士の団体様が工場見学に来ます。
淡路産の粘土100%で造っている淡路瓦の魅力をいかに見せるか!
頑張って説明したいと思います。

塀瓦修理見積り

今日はお得意様からの依頼で塀瓦の現地調査に行ってきました。
P1040938.jpg                                                  かなり瓦が割れ、傷んでいます。
P1040934.jpg
瓦がモルタルにガッチリ付いているので、外す時大変そうですが…(泣)

帰り道、所用で淡路瓦工業組合
P1040943.jpg
まだまだ桜が満開です。
今日の新聞によると、桜が開花して満開になるまでの期間が    
最長記録を更新したそうです。
桜を楽しめる期間が長いのは嬉しいことですね。                      

淡路花博2010 花みどりフェア④

5月30日まで開催中の淡路花博2010 花みどりフェアの会場内には
あちこちに淡路瓦が使用されています。
P1040862_20100407172300.jpg

P1040855.jpg

P1040895.jpg
隣接する奇跡の星の植物館内にも淡路瓦が点在しています。
P1040887.jpg
また淡路夢舞台内にはウエスティンホテル淡路国際会議場など見所いっぱい!

今日はかなり寒かったですが、いよいよ行楽シーズン到来!
会場内で是非、淡路瓦を探してみてください。

ガーデニングにどうですか?

弊社では「いぶし瓦」のシャモット(廃棄処分する瓦を粉砕したもの)の
取り扱いを始めました。
img-406151050-0001.jpg
【PH調整による雑草抑制効果】
【いぶし瓦の多孔質による吸水・保水性・調湿効果】
【環境にやさしいエコ商品】
などのメリットがあります。

P1040929.jpg
ガーデニング、外溝工事、造園工事などアイデア次第で色んな用途があります。
P1040928.jpg
サイズは【5mm~10mm】【10mm~20mm】【20mm~40mm】の三種類
ご用意していますので、お気軽にお問合せください。


淡路花博2010 花みどりフェア③

昨日は天気もよく、淡路花博2010 花みどりフェアでのイベント
「淡路瓦を使った寄せ植え教室」に沢山の方々に来ていただきました。
P1040898.jpg
P1040871_20100405123911.jpg
先着30名でしたが早々に予約が埋まり大盛況でした。

淡路瓦のブースではシャモット、干支瓦などを販売及び瓦のPRを行いました。
P1040910.jpg
特に淡路瓦400年祭のマップ及び淡路瓦工業組合のティッシュ配りでは、
㈱ミハラさんの未来の瓦屋三兄弟が大活躍で、物凄くいいPRが出来ました。
(みなさん本当にお疲れ様でした)
P1040877.jpg黒陶タイルとシャモットのコラボ
P1040873.jpg黒陶タイルと寄せ植えのコラボ

P1040916.jpg
今回大行列が出来たのがシャモット(瓦を粉砕したもの)の無料サンプルコーナー
予定数を大幅に超え、袋詰めが間に合わないほどでしたが、良いPRが出来ました。
(やはり無料サービスの力は凄いです(汗))
中には現在新築を計画中で屋根材を迷われている方が来場していただき、
いぶし瓦の説明を熱心に聞いていただきました。

大変な事も多いですが、地道なPR活動が大事だと改めて感じた一日でした。

おまけ
P1040891_20100405123548.jpg
3日の土曜日に国営明石海峡公園内で隣接するウエスティンホテル淡路
結婚式を行った新郎新婦のフラワーシャワーを偶然見かけました。
お二人の幸せそうな光景を見ると、こちらまで嬉しい気分になりますネ。

淡路花博2010 花みどりフェア②

現在開催中の「淡路花博2010 花みどりフェア」で今日と明日の二日間、
淡路瓦を使った寄せ植え教室を行なっています。
P1040856.jpg
ちょっと肌寒い天気でしたが、沢山の方々に来場していただきました。
P1040870.jpg
兵庫県立淡路景観園芸学校内のNPO法人「アルファグリーンネット」主催の
寄せ植え教室の隣で淡路瓦のPR及び小物の販売をしています。
P1040868.jpg

P1040866.jpg
場所はと言うと
P1040881.jpg
淡路夢舞台展望テラス2階の花みどりギャラリーです。
(ちょっと奥まったところにあるので分かりづらいですが…)
P1040871.jpg
受講料500円で作品はお持ち帰りできますので、ご来場お待ちしています。

のし瓦(6ツ穴)新発売!

かねてより試験的に製造していた「のし瓦(6ツ穴)」が
ようやく販売スタートです。
P1040849_20100402191116.jpg
右側が従来品で左側が新商品です。
なぜ穴が6つも必要かと言いますと…
P1030657.jpg
ちょっと分かりづらいですが、1段目と3段目の「のし瓦」は半分にカットして施工します。
(手前部分)
従来品だと銅線を通す穴が無くなってしまいますので、職人さんがドリル等で穴を
空けなければなりません。
6つ穴だと、その作業が軽減され、スムーズに作業がはかどります。
施工後は見えませんが、ちょっとした一工夫です。
P1040840.jpg
瓦選別後に全自動で梱包し
P1040846.jpg
甍の町を形成するため、各地に旅立って行きます。

いぶし瓦の外観は従来と変わりませんが、機能性、施工方法は日々進歩してます。




瓦のある風景「甍(イラカ)」発行

(社)全日本瓦工事連盟や瓦業界の各団体が結束し、瓦の啓蒙促進活動に
使用できる「瓦のある風景 甍」が発行されました。
img-331100930-0001.jpg
「瓦の屋根」を意味する「甍(イラカ)」…
日本人の原風景を語る上で、欠かすことのできないものです。
img-331101108-0001.jpg
日本各地に点在する瓦の風景、町並みを、わかりやすく紹介しています。

やはり瓦屋根のある風景は落ち着きますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。