スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災復旧工事進行中

淡路島で起こった地震から約半月、有難い事に、各地から屋根葺き職人さんの応援をいただき、復旧工事が進行中です。
DSC_2992.jpg
①和型の棟瓦落下
P1070943.jpg
完成後
施工途中の写真がありませんが、葺き土には「南蛮漆喰(なんばんしっくい)」を使用し、銅線で留めつけて、現在の「ガイドライン」に準じた施工方法で作業を行いました。
DSC_3007.jpg
②S型棟瓦のズレ
P1070961.jpg
既存瓦を一旦撤去し、棟金具に人工棟木を取付け、瓦をビスで固定します。
P1070890.jpg
③棟瓦と下棟の落下
P1070963.jpg
下棟を撤去し、下棟の付いていた右から4列目の桟瓦を新規瓦で差し替え、棟瓦は「南蛮漆喰+銅線緊結」で作業を行いました。

被害のあった物件は、その当時は通常の工法でしたが、現在の工法とは明らかに違います。
現在の工法だと、震度7クラスでも瓦が落ちないことが、実験でも実証されています。

少しでも早く復旧できるよう、ゴールデンウィーク返上で職人さん達が頑張ってくれています。
瓦離れがこれ以上進まないように、お施主様への適切な説明、情報発信を行い、職人さん達共々頑張って行きたいと思います。
スポンサーサイト

本日完成しました

本日完成の太陽光発電所です。

P1010781.jpg

正面から

P1010782.jpg

「屋根は広いのに、何故一面だけの設置??」
と思われる方もいらっしゃるでしょう。
お客様からも「他の業者から、全面に付けましょうと提案されている」とお聞きしていました。
私が時間帯を変え数日間観察したところ、大屋根の影が下屋根に掛かったり、電柱の陰が掛かったりする時間がかなりあることが判明し、全面に設置してもそれだけの効果が無いであろうとの事から、一面だけの設置となり、増設は一年間の影の動きを観察してからという事になりました。

P.S
今回は『マルショウ運輸㈱』様にも御協力していただきました。

P1010770.jpg

急な要請にも関わらず出動していただき、ありがとうございました。
お陰さまで楽チン作業になりました

モジュール『Qセルズ』製
240W×64枚=15.36kW

発電所が完成しました

新しい太陽光発電所が完成しました。



P1010768.jpg

こちらのモジュールは、実発電×20年保証で結果を出す『ソーラーフロンティア』製です。
南向き20°の架台でバッチリ発電するでしょう

165W×195枚=32.175kW

発電開始

電力会社の引き込み工事がありました。



この工事が終わると発電(売電)が始まります。

Qセルズ製モジュール
240W×90枚=21.6kW
年間予想発電量は25,795kWh/年です

P1010757.jpg

架台組立て完了

遅れていましたが、ようやく架台が完成しました。

架台

明日からモジュールの取付けと配線作業が待っています。
発電までもう少しです

太陽光発電 ON ファンタジア

こちらのお宅に太陽光発電を取付けさせて頂きました。

小堀①

屋根瓦は弊社オリジナル商品の『ファンタジア』です。

小堀②

太陽光パネルを付けると瓦が見えなくなってしまう
でも、これも環境の為です。

小堀③

195W×8枚=1.56kW
137.5W×8枚=1.1kW
合計 2.66kWの発電所が出来ました。

鐘楼

三重県亀山市にある、弊社営業所から鐘楼の施工写真が届きました。
CIMG0381_20130405143410.jpg

CIMG0383.jpg
細部に渡り、とても丁寧な施工がされています。
CIMG0386.jpg
巴は十六枚菊の紋入り仕様。
CIMG0388.jpg
いつも思いますが、いぶし瓦+緑+青空、最高の組合せです。

三重営業所の○○所長様へ
この調子で、どんどん施工写真の投稿お願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。