スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

袖瓦いろいろ

先日の写真整理の続きで、今回は「袖瓦」のご紹介です。
紐付袖②
紐付袖
関西以西の一般住宅に多く使用される袖瓦です。
普通袖
普通袖
関西以東で多く使用させますが、一枚ずつ「合端(あいば)」と言って
瓦を磨り合わせて施工します。
中付袖
中付袖
普通袖の垂れている部分が中に入っていて、光の陰影が楽しめます。
キザミ平
キザミ平
本葺きの平瓦と同じような形状で、淡路島の民家では多く使用されています。
中付キザミ袖
中付キザミ袖
形状は「中付袖」に似ていますが、より垂れが深く、重なりが深いのが特徴です。
「いぶし瓦」の特徴の一つとして、種類の多さがあります。
色んな組合せでオリジナリティ溢れる屋根を考えてみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。