スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被爆に耐えた土蔵を復元~香川

朝晩涼しくなりましたね
でもまだまだお昼は残暑が厳しい日がつづいています
秋はもうすこし先かな

昨年、広島市内で旧広島城郭内から移築された土蔵の存在が明らかになり
この度、復元工事を行いました。
この土蔵は旧広島城郭内の学問所にあった可能性が高く、被爆などの被害にも耐え
大変歴史的価値の高いものであると評価されています。

DSCF1047.jpg

DSCF1049.jpg

DSCF1048_20120908134147.jpg

使用した瓦は江戸時代後期に造られ、被爆にも耐えた既存の瓦と
足りない部分は、本葺き瓦8寸×9寸切落ち判の平瓦!
長屋判の素丸と軒巴!
新しく復元した棟瓦です。
時代を超えた江戸時代の瓦と平成の瓦のコラボです

日本瓦は何十年、いえ、何百年経っても上手く使うことができます。
まさにこれがエコですね




スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。