スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

源八いらか 製造工程

今回は、本葺き一体瓦『源八いらか』の製造工程のご紹介です。
真空土錬機
まずは、淡路島産100%の粘土を真空土錬機に投入し、瓦の形状の金型
から押し出し、大まかな寸法にカットし、                                 源八プレス機1
プレス機でプレスします。
乾燥台車
プレス後、平乾燥台車でじっくり乾燥します。
コンテナ台車2
乾燥後は「ハケ土」(クレー粘土)を塗布し、窯に積み込むためのコンテナに
白地を積込みます。
コンテナ台車(焼成品)
生ガス(ブタンガス)を途中で入れて約21時間焼成すると、
ご覧のような「いぶし銀」に輝くいぶし瓦が出来上がります。
P1010586.jpg
窯から出し、ススを掃って梱包して全工程の終了です。
日々愛情込めて製造していますので、ご注文お待ちしております。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。