スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイドライン工法

新年第一弾の物件が完成しました。
DSC_2599.jpg
パーライトモルタルの下地にゴムアスルーフィングとプラスティックの人工桟木。
DSC_2605.jpg
軒瓦は三点留め。
DSC_2607.jpg
袖瓦の合端(切り合せ)は職人さんの腕の見せ所です。
もちろん袖瓦も三点留め。
DSC_2607-1.jpg
とても綺麗に仕上がりました(自画自賛(笑))
DSC_2611.jpg
谷部は下から見ると分かりづらいですが、上から見るとこんな感じです。
棟部も南蛮漆喰を使用し、棟金具に垂木を通してビス留め工法です。
ガイドライン工法で工事を行っても工事単価になかなか反映できませんが、
災害はいつ来るかわかりません。
その時に、過去の震災時に「瓦が重いからダメ!…」などと言われた風評被害を二度と言われないよう、地道な活動を続けていきます。
目先の利益はもちろん大事ですが、「急がば回れ」の精神で!!!
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。