スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IBUSHI GALLERY 瓦廊 訪問

今日は特注品の打合せのため、久しぶりに「㈱タツミ」さんに訪問しました。
IMG_7661.jpg
事務所横に併設のギャラリーでは、鬼師さん作のオンリーワンな「いぶし瓦」がセンス良く展示されています。
IMG_7662.jpg

IMG_7670.jpg
鷹、虎どちらも、今にも動き出しそうなくらい、巧妙に造られています。
IMG_7665.jpg
ライトアップはしていませんが、いぶし瓦製のランプシェードもお洒落です。
IMG_7669.jpg
ここで一つ豆知識
《鐘馗》さん
京都市内の民家などでは、現在でも大屋根や小屋根の軒先に、10~20cm大の瓦製の鐘馗の人形が置いてあるのを見かけることができます。
これは、昔京都三条の薬屋が立派な鬼瓦を葺いたところ、向かいの家の住人が突如原因不明の病に倒れ、これを薬屋の鬼瓦に跳ね返った悪い物が向かいの家に入ったのが原因と考え、鬼より強い鐘馗を作らせて「魔除け」に据えたところ、住人の病が完治したのが謂れとされています。“Wikipedia”参照
ようやく春めいてきたので、淡路島に来られた際は、是非ドライブコースの一つにいかがですか?
※土曜日は営業していますが、日曜日はお休みです。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。