スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一文字軒

瓦には、様々な種類がありますが、今回は「一文字軒」の施工例をご紹介します。
4

3
予め、少し大きく造っている瓦を「合端(あいば)」と言って、職人さんが一枚ずつ切り合せをすることにより、隣り合わせの瓦と瓦が葺き合わさる最も難易度の高い瓦です。
DSC_0177_20130318130408.jpg

一文字軒
また、かわらぶき技能検定には、二級と一級があり、一級技能士の検定時には必ず「一文字軒」が使用されます。
しかし、昨今の和風住宅の減少、建築予算の減少などで、一文字軒を使用する物件が激減しています。
一文字軒は、「和」の趣を一番発揮できる瓦ですし、一級技能士の技術継承のためにも、ブログを通じ、すこしでも「一文字軒」の伝統美を感じていただければと思います。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。