スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーブルの重要性

最近になって、ケーブルの重要性を分かって下さるお客様が増えて来ました。

一般的には、断面積が3.5㎟もしくは2.0㎟のケーブルが使われていますが、弊社では以前より4.0㎟のケーブルを標準として使っています。



抵抗値を比較すると…
弊社4.0㎟ケーブルの抵抗値を1とした場合
3.5㎟ケーブル…1.3
2.0㎟ケーブル…1.7
これだけの違いがあります。

せっかくパネルで発電した電気を、ケーブルで損失させるのは勿体無い話ですよね。
このように、太陽光発電システムの中ではほとんど気に留められていないケーブルですが、実は重要なポジションを占めています。

*安心安全 太陽光発電瓦組*
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。