スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成27年度買取価格

平成27年度の買取価格が決定しました。



2024meti4.jpg

10kW以上は二段階の下げで6月末までは29円/kWh、7月からは27円/kWh。
10kW未満は出力制御対応機器の設置義務のない東京電力、中部電力、関西電力管内では33円/kWh、同機器の設置を義務付けられたその他の電力会社管内では35円/kWh。
となりました。
10kW以上については想定内の下げでしたが、10kW未満は平成26年度並み?と予想していたのでプチショック

この発表を受けて、早くも「太陽光は終わった」のような話しが聞こえますが、はたしてそうでしょうか?
確かに売電収入を目的とした発電所の建設は激減すると予想されます。
でも、今の電気料金が高騰している状況下では自家消費型の太陽光発電システムが注目されるのではないでしょうか?
電気料金は将来的にまだまだ値上がりすると言われています。

これからは「売るより使え!目指せ電力の自給自足!」

これがキーワードです。

昭和エコシステム



スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。