スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

200年住宅

MISAWA・international株式会社 
代表取締役社長 三澤千代治 氏(ミサワホーム創業者)
のブログで興味深い記事を見つけました。
一部抜粋します。

200年住宅にとって相応しい屋根材は何なのか、いまだ試行錯誤しています。200年住宅の屋根として考えた場合、石綿スレート(コロニアル)やガルバリウム鋼板は、今ひとつ納得がいきません。
そこで今注目しているのは、日本の伝統的な瓦です。以前淡路協同組合の方々とお話をさせて頂き、瓦こそが200年住宅に相応しいということになりました。

今、瓦業界はこれまでにない苦境に立たされています。
この記事から、自信と力を頂くことができました。

三澤ブログ
山崎邸
* 写真は「MISAWA・international株式会社」が提唱する、200年住宅とは関係ありません
スポンサーサイト

COMMENTS

こんばんは

拝見させていただきました。
リンクさせてくださいネ。
最近さぼりぎみだったけど、負けずに頑張りたいです。

紐のし屋さんへ

いつもお世話になってます。
さっそくブックマークに登録して下さっているようですね。
こちらもリンクに登録させて頂きます。
これからもお互い頑張りましょう。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。