スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修理依頼

お得意様から本葺きの修理依頼があったので、現地に確認に伺いました。
P1010128.jpg
P1010130.jpg
後日、数本落下している「軒巴」の修理依頼を受けました。
当然、どこの窯元の瓦かわかりませんが、互換性があるのが「いぶし瓦」のよい所です。
築数十年たってもメンテナンスの出来る屋根材「いぶし瓦」・・・
皆さんも新築される際に、メンテナンスの事を考慮して屋根材を選んではいかがですか?
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。