スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西淡本社工場

今日は久しぶりに工場のご紹介です。
西淡産業本社②
西淡本社工場では4000枚単独焼成窯を4基保有し、「JIS56判防災瓦」をメインに
緩勾配用の「四天王」、重なりの深い「両深切判 防災瓦」などを製造しています。
P1040827.jpg
昔と違い今は殆どの製造メーカーが導入している「平乾燥」のシステムですが、
P1040825.jpg
このように瓦をプレス後、平乾燥させることにより、品質が安定しています。
P1040821.jpg
弊社の三原工場に導入している「自動白地積込み装置」は西淡本社工場には
ありませんが、工場長のある工夫により、作業者が変わっても常に
安定した瓦造りが出来る企業秘密があります。
P1040819.jpg
工具類の管理も使用後一定の場所に保管できるよう、工具の形をマジックで
書き、常に同じ箇所にすばやく返せるよう工夫しています。

明日(10日)の午後、ある設計士の団体様が工場見学に来ます。
淡路産の粘土100%で造っている淡路瓦の魅力をいかに見せるか!
頑張って説明したいと思います。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。