スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製造工程①

今日から『三原工場』を例にとって、瓦の製造工程をご紹介します。

まず、配合粘土業者様で最適な状態に配合処理された粘土は、ホッパーと呼ばれる供給機に搬入されます。
ホッパー
当工場では(他の工場でも)、2社の配合粘土業者様から配合粘土を受け入れ、適切な比率に混合して使用しています。
というのは、土は自然の原料です。配合粘土業者様で十分に管理されてても、ある程度の品質のバラつきが予想されます。
2社で受け入れておれば、もし1社の粘土の品質が不安定な状態になっても、比率を変える事で製品への影響を最小限に抑える事が出来るという訳です。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。