スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸の港西淡

今日は甚大な被害の受けた「阪神・淡路大震災」から丸16年。
改めてお亡くなりになった六千数百人の方々のご冥福をお祈り致します。
弊社では、幸いなことに人的被害はありませんでしたが、設備・商品には
かなりの被害がありました。
何より、「瓦屋根は重いからダメ!」との間違った風評被害で、今もなお出荷は
厳しい状況が続いています。
土葺き工法から引掛け桟工法への移行や、ロック機能付の防災瓦など日々改良を
していますので、地道に販売促進を行って行きたいと思います。

さて今日は、高速バスで来社されるお客様をお迎えに「陸の港西淡」へ…
P1070038.jpg
約10年前に施工させて頂いた物件なので、行く度に屋根が気になります。
P1070039.jpg
いぶし56判特殊葺き
P1070040.jpg
和型の上に素丸を葺いて本葺き風にしています。
P1070042.jpg
時計台にはいぶし平板を使用し、
P1070041.jpg
看板の両サイドには大きな鯱(シャチ)が出迎えてくれます。

こういう使い方もできる「いぶし瓦」いかがですか?
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。