スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入母屋屋根

今日は移動途中、昨年施工させていただいた入母屋屋根の物件の
点検及び、写真撮影でお邪魔しました。
DSC_0059.jpg
いぶし53判切落(防災瓦)使用
DSC_0051.jpg
DSC_0057.jpg
水切り付軒先瓦(ビス留め仕様)で耐風性能もバッチリですし、
隅棟の下に隅メンドを使用し、経年変化による漆喰の落下も防げます。
DSC_0064.jpg
写真では分かりませんが、棟の内部の葺き土は南蛮漆喰を使用し、のし瓦も
銅線で留め付けしています。
昨今、このような入母屋屋根は減りましたが、きちんとした施工方法で行うと、
災害にも強い屋根が出来るのです。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。