スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホールレス工法

先日、ある方が推奨する「ホールレス工法」にいぶし瓦が
耐えれるかという試験を行いました。
P1030844.jpg
通常の工法では、防水材のルーフィングを貼り、瓦を留めつける桟木を打ち
瓦を葺きます。
DSC_1149.jpg
今回の実験は、ルーフィングの上にまず縦の桟木を打ち、その上に横桟木を打って
瓦を葺くというものです。
決められた数値(専門的になるので省略しますが)で150回引き上げ、瓦が外れなければ合格です。結果は無事合格!

理論上は良い工法ですが、コストが跳ね上がり余計瓦離れを引き起こすのでは…
と危惧します。
何より和瓦はもともと他の屋根材に比べ、断トツに止水性の高い瓦なのですから!
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。